スポンサードリンク

2009年11月29日

仮面ライダー 第20話 火を吹く毛虫怪人ドクガンダーについて

仮面ライダーの第20話 火を吹く毛虫怪人ドクガンダーについて



一文字隼人と立花レーシングクラブのメンバーが立ち寄った

村では、巨大な毛虫が出没し、村人が村から去っていくという

事態が起こっていた。

そこに阪神大学の小泉教授と吉岡助教授が訪れていたが、

小泉教授はドクガンダーに殺害されてしまう。

川で顔を洗っているレーシングクラブのユリやマリ,ヒロミたちは

小学校から聞こえる「蛍のひかり」の歌声のもとへいくと

小学校の先生から、滝のほうへいかないように注意を受ける。

そこへ、通りかかった村人からも、巨大な毛虫の話を聞かされる。

滝のほうへ行くユリやマリ,ヒロミは途中で吉岡助教授と遭遇、

吉岡助教授から、ユリやマリ,ヒロミが滝のほうへ行ったと聞き、

滝のほうへ向かう一文字と藤兵衛。

ユリやマリ,ヒロミは、藤兵衛が山小屋で待っていると言われ

ドクガンダーに騙されて、藤兵衛と一緒に捕まってしまう。

一文字隼人と吉岡助教授は小泉教授のカメラを発見する。

滝の上に登った一文字隼人の前にショッカーの戦闘員が。

仮面ライダーに変身して戦う一文字隼人。

仮面ライダーの前に現れるドクガンダー。

仮面ライダーと死闘を繰り広げるドクガンダーだが、形成が不利になったドクガンダーは滝の裏にあるショッカーのアジトに逃げ込む。

藤兵衛の落としたパイプの発信機をもとに、ショッカーのアジトに潜入した仮面ライダーの前には電気で処刑されそうになるレーシングクラブのメンバーが。

仮面ライダーは藤兵衛らを救出する。

救出された藤兵衛は、爆薬庫のダイナマイトでアジトを爆破

ドクガンダーは仮面ライダーライダーキックを受け、

繭になってしまった。

川を流れていくドクガンダーの繭を見つめる一文字。


posted by ホッパー at 15:43| Comment(0) | 仮面ライダー 2号 ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダー 第19話 怪人カニバブラー 北海道に現る

仮面ライダー 第19話 怪人カニバブラー 北海道に現る

ショッカーは海底で爆弾を爆発させて大規模な津波

北海道の室蘭半島起こそうと計画していた。

その計画のための地震研究所地震計をカニバブラーは

破壊をし、海に人を近づけないようにしていた。

滝の紹介で滝の先輩の室蘭の神田のところへ立花レーシングクラブのユリ、マリ、五郎が遊びに来ていた。

カニバブラーは、ユリ、マリ、五郎を襲い、神田を拉致しようとするが

仮面ライダーが現れ、難を逃れる。

一文字隼人はカニバブラーが落とした通信機をからショッカーの

使っている極超短波を探り出す。

滝は極超短波を逆探知してショッカーのアジトを見つけ出す。

一文字隼人は札幌気象台に向かい、カニバブラーらショッカー

一味を追跡仮面ライダー変身して戦う。

カニバブラーは形成が不利になると海へ逃げ込んでしまう。

滝の元へ戻った一文字隼人は、仮面ライダーに変身し

サイクロン号海中のショッカーアジトへ、

アジトとともに爆弾を爆発させようとしていた

カニバブラーらを派遣した仮面ライダー

カニバブラーとの最後の戦いを挑む。

海中から海岸に戦いの場を移しすが、カニバブラーの泡で

目をやられてしまう仮面ライダー

見えないながらも繰り出されたライダーパンチで

カニバブラーは爆死してしまう。

ショッカーの計画は失敗に終わり、海水浴を楽しむ

立花レーシングクラブの面々。







posted by ホッパー at 12:50| Comment(0) | 仮面ライダー 2号 ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダー 第18話 化石男ヒトデンジャー

仮面ライダー 第18話 化石男ヒトデンジャー

ショッカーは霧ヶ岳の地下にミサイル基地を建造していた。

その近くでキャンプをしていた立花レーシングクラブのメンバー。

そこで、ショッカーの怪人ヒトデンンジャーに襲われる

田所兄弟のSOSの無線を受ける。

兄の大助はショッカーに拉致されてしまうが、弟マサルは崖から落ちた

ところを一文字隼人に助けられる。

村の人たちから、巨大なヒトデの化石が見つかり、

そのヒトデがいなくなり、村人が行方不明になったり

ヒトデの化け物がでるという話を聞いた一文字隼人は調査に乗り出す。

一方、怪しい電波をキャッチした滝和也は一人霧ヶ岳に登るが、

ショッカーに襲われる。そこに現れる仮面ライダー。

ヒトデンジャーの体は硬く、ライダーキックも通用しない。

滝も仮面ライダーも滝底へ落とされてしまう。

気がついた滝は近くの洞窟へ逃げ込み、立花藤兵衛とはちあわせる。

滝の上に登り、仮面ライダーの生死を確認しようとする

滝と藤兵衛だが、ショッカーにつかまっってしまう。

そこでマサルの兄に出会う。

そして、囚われた牢の中にはもう一人の男が。

その男は一文字隼人であった。

牢を脱出した4人は基地から逃げ出す段取りをする。

一文字隼人は、爆薬庫に火をつけ、基地を爆破する。

ヒトデンジャーとの最後の決着をつける仮面ライダー

水を含んだヒトデンジャーの体は柔らかくなり、

滝底へ落ち絶命する。




posted by ホッパー at 11:48| Comment(0) | 仮面ライダー 2号 ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。