スポンサードリンク

2009年11月29日

仮面ライダー 第16話 悪魔のレスラー ピラザウルス

仮面ライダーの第16話 悪魔のレスラー ピラザウルスについて



ショッカーの女幹部マヤは古代の南米に住んでいた

ピラザウルスから改造人間を作り出し、その毒の実験を

バス中で行っていたが、ピラザウルスの毒で

ピラザウルスに改造した人間の体が持たなかった。

ショッカーはピラザウルスを研究し、そのデータを元に

コンピューターが選び出したプロレスラー

草鹿昇を誘拐し、ピラザウルスに改造する。

ピラザウルスは、サタンマスクを名乗りリングに登場する。

ピラザウルスは仮面ライダーと戦い、ウルトラキック

仮面ライダーを破る。

テレビのサタンマスクを見た草鹿昇の弟清は

サタンマスクが兄と確信し、サタンマスクに会いに行くが

サタンマスク、ショッカーに襲われてしまう。

そこに仮面ライダーが登場。

ショッカーとの戦闘が始まる。


posted by ホッパー at 11:02| Comment(0) | 仮面ライダー 2号 ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。